やりがいのある仕事|介護業界で働きたいなら資格を取得しておく|幅広い現場で活躍

介護業界で働きたいなら資格を取得しておく|幅広い現場で活躍

やりがいのある仕事

整体

けがや病気により体を動かすことが困難になることがあります。立ち上がること、座ること、食事をすることなどが困難な人に対して、その機能の回復を手助けしたり悪化を防ぐように支援する人を理学療法士と言います。理学療法士は動作の専門家とも呼ばれています。体の基本的な機能の回復を、運動療法や電気を使用したり温めたりする物理療法などで行っていきます。またスポーツでけがをした人などの動きを回復させるスポーツリハビリも有名です。似ている仕事に作業療法士があります。こちらは日常生活を送る上で必要な体の動きを助ける仕事です。例えば患者さんの趣味や嗜好に合わせた体の動きや、料理などに必要な動きなどの回復を目的とします。体だけではなく心のサポートも重要な仕事です。

理学療法士になるためには国家資格を取得する必要があります。そのためには文部科学省や厚生労働省が指定した大学や専門学校を卒業する必要があります。理学療法士に向いている人は、コツコツと課題に取り組める人です。また、患者さんの一生に関わる動作という部分に携わることから、人の役に立ちたいと思う気持ちや責任感の強さが重要になります。患者さんの体の機能が回復したときにはとてもやりがいを感じられるでしょう。理学療法士になりたいと思ったら、まずはどのような大学や専門学校があるのか調べてみましょう。それぞれの大学や専門学校には特色があります。自分がどこに行きたいのか比べてみると良いでしょう。そして自分に合った大学や専門学校を見つけましょう。