医療機関で活躍したいなら|介護業界で働きたいなら資格を取得しておく|幅広い現場で活躍

介護業界で働きたいなら資格を取得しておく|幅広い現場で活躍

医療機関で活躍したいなら

男女

経済面を考慮して取得する

看護師の資格取得するには養成学校等を卒業し、国家試験に合格する必要があります。養成学校等に通うためには経済的な負担もあるため、そこを考慮した場合は資格取得支援制度を利用することがおススメです。資格取得支援制度とは自治体が行っている制度と病院や福祉施設が行っているものがあります。自治体が行っている制度は母子家庭の親が働きやすい資格を取るため、養成学校に修学している一定期間、経済的支援を行うものです。看護師もこの制度の適応範囲であり、金額等は各自治体で異なるので確認が必要です。病院等が行っているのは定時制の看護専門学校に行く費用を全額、または一定額負担してくれる制度です。主にその施設で働きながら学校に通い、取得後も数年間そこで働くことが条件となっています。ただし、条件は各施設で変わるため、注意して検討してください。

大学と専門学校等の違い

看護師の国家試験受験資格を得るには4年制大学と3年制の短期大学、看護専門学校の卒業が必須です。その中でも近年、4年制の大学を経て看護師になる人が増えてきています。その理由はほとんどの大学で看護師と合わせ、保健師、助産師の受験資格が取得できるからです。また、就職後は短大や専門学校よりも初任給が高い傾向があり、出世しやすくなります。ただ、専門学校や短大にもメリットはあります。専門学校等は3年制のため、最短で看護師の資格取得ができます。また、専門学校では夜間の定時制や学費が特に安い国公立の学校も多いです。現場で経験を積みながら、または学費の面を考えながら資格取得が可能です。短大では養護教諭二種免許を取得できる場所もあり、選択肢が増えるのもメリットです。看護師の資格には他にも准看護師から通信制を経て取得するルートもあります。看護師は様々な資格取得方法があるため、自分の状況に適したものを考慮して検討することが大切です。