介護業界で働きたいなら資格を取得しておく|幅広い現場で活躍

やりがいのある仕事

整体

体の基本的な動きや機能の回復を支援するのが理学療法士の仕事です。理学療法士になりたいと思ったら、まずは文部科学省や厚生労働省が指定している大学や専門学校を調べてみましょう。そして自分に合ったところを見つけることが大切です。

医療機関で活躍したいなら

男女

看護師の資格を取得するためには経済的負担も多く、資格取得支援制度を活用するのが良いでしょう。これには母子家庭のために自治体が行っているものと、条件付きで病院等が行っているものがあります。資格取得ルートは大学と短大、専門学校の卒業が必須で、どちらにもメリットはあり、状況に適したものを選ぶのが良いでしょう。

たくさんの種類

人形

効率よく取得

介護関連の職業は近年求人が多く、採用もされやすい実情があるためにこの職業を目指す人も多くいます。介護関連の仕事に就くためには資格を取得しておくことが必須であり、この保有している資格が多ければ多いほど就職もしやすくなりますし、就職後の給与もよくなります。資格にはいろいろな種類がありますが、最初からすべてを取得して就職をするのはとても大変です。そこで上手にスキルアップをしていくことが必要になります。介護の資格の中には経験を積んでいくことによって取得をしやすいものがいくつかあります。こうしたものについては働きながらその中で上位のものを取得していくと効率よくスキルアップをすることができるようになります。

取得方法

介護に関連する資格の取得方法はいくつもあります。定番の方法は大学に行って勉強をして資格を取得する方法で、介護の関することを専門に勉強をすることができる大学は数多くあります。最近では介護職の人気の影響もあって、介護に関連する専門的な勉強ができる学科を有する大学も増加傾向にあります。他には専門学校で勉強をする方法もあります。大学に比べると短期間で学習することができるので最短2年程度で資格を取得することができます。他にはインターネットや通信教育を利用して独学で勉強をしていき、試験に合格をして取得する方法もあります。勉強期間や資格取得までにかかる費用などを考えて自分にあっているものを選択するのが良いです。

資格を取得するのに最適

カウンセリング

心理カウンセラーになりたいのなら、通信教育で講座を受講してみるといいかもしれません。専門的な知識を身につけることができます。それでも資格を取得できなければ、スクールに通ったり、心理カウンセラーの元に就いてみたりするのもお勧めです。